2009年01月23日

ロックな猫?

午前4時。
その猫は内なるロックのリズムに身を任せ
頭を突き上げ、足を踏み鳴らす。


黒い毛皮を身にまとったその猫は
我が家ではヘッドバンギング猫と呼ばれて
恐れられている。


たぶん。


2009_0122_3nyan0059.JPG

「そっちではいろんなコトがあるんですね」


その猫は普通ならすぅ〜っと布団の中に潜り込んで来て
ちょうどいい場所を探して眠るほかの猫たちとは違い、
鋭い頭突きを繰り返して通り道を作り、力強く前脚を
振り下ろして場所をあけろと寝ている者たちを
踏みつける。ホントに。



被害猫Kさん


2008_1121_3nyan0039.JPG

「そうなんです。
 いきなり布団の中に入ってきたらしく
 鋭い頭突きで布団の上で寝ていた私を
 振り落としました」



2009_0122_3nyan0064.JPG

「そ、それは、すごい猫がいるものデスネ」


いや〜、あんな勢いで踏みつけられたのも初めてだよ、
ギーちゃん。だいぶ慣れたけど。

それでも、起こされて、ふとんからはみ出しそうな勢いで
脇に追いやられても、本格的に追い出されることの多い
チチココには悪いけど、ぴったりくっついて眠るふわふわ
ギーちゃんはやっぱり許してしまいますね〜。

先日は何度も同じ場所でヘッドバンギングをしているから
どうしたことかと思ったら、上に乗っていたココを
振り落としていたようでした。いや〜、こうやって
子猫の頃から小さいからだでチチココの間に割り込んで
いたんでしょうね。小さい頃の習慣ってコワイ。

ギーちゃんは同じようにしてダンナの所に行くことも
あって、今まであまり相手にされなかったダンナと
しては嬉しくないこともないようなんですが、
なぜか枕元から入って狼藉を尽くした挙句に
そのまま足元から出て行ったりするそうです。
ダンナの布団の上で寝ることは増えたらしいから、
仲良くなるまでもう一息かもしれませんね。

ね、ギーちゃん。


2009_0123_3nyan0003.JPG

「・・・・・・・・」


ニックネーム かつ at 17:55| Comment(6) | TrackBack(0) | うちの3にゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギーちゃんはおてんばさんですね。
よい子にしてないと、年末にサンタさんが来ないぞ!
…はっ、それで今日はチッチがいないのか!
Posted by えいこ at 2009年01月24日 05:51
クリスマスを乗り切ったところだから
気が大きくなってるのかも。
ギーちゃんもやるよね〜。
Posted by かつ at 2009年01月24日 09:12
ギーちゃん、うちの小鉄くんと一緒にコンビを組んだら怖いものなしの荒くれ者かも(^_^;)

でも、ギーちゃんほどの勢いはないかなぁ。小鉄は真夜中に枕元でひたすら頭を叩いて起こし、布団に入るまでずっと人間様に布団を持ち上げさせ(寒い!(^_^;) 、布団に入るといつの間にか半分以上陣取って広がって寝るという程度(?)です。ま、どちらにしても猫はワガママですよね〜。
Posted by こまち at 2009年01月24日 10:45
う〜ん、やっぱり二匹には赤猫さんがいいコンビなのかも(人間にとっては)
小鉄くんが一緒になって好き勝手やるなんて
おそろしすぎる〜。
ギーがこてちゃんの言うことを聞くかは微妙な気がするけど。
案外ソンケーしてついていったりして(笑)

わがままなのが猫、ですよね〜。
Posted by かつ at 2009年01月24日 21:16
かわいそうな被害猫Kさん……
でも、やっぱりKさんも「末っ子のすることだから...」
と許しているのでしょうね。

ひとつ疑問があるのですが、猫は完全に布団の中に
入り込んで寝ても、きちんと呼吸はできるのですか?

Posted by けいこ at 2009年01月27日 14:30
まったく問題なく呼吸できてるみたいだよ。
でも、チッチとか、もうちょっと暖かい時期や
布団の中が暑くなったときは顔だけ出して
枕を使って寝てるよ。

Posted by かつ at 2009年01月28日 23:24
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1636694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック